おすすめのフラット35とは?

フラット35といっても、さまざまな金融機関から提供されており、その金利条件もさまざまです。
大幅な金利差はないにしても、フラット35などの住宅ローンでは融資金額がかなりの額になるため、0.
1%の違いでも総支払額で計算すると大きな金額差になってしまいます。
したがって当たり前のことではありますが、少しでも金利の安いフラット35を選ぶに越したことはないでしょう。
ただし、住宅ローンでは金利だけを見ていたのではいけません。
その他の手数料などを含む諸費用もしっかり計算する必要があります。
こうした諸費用も、金融機関によって差がでるケースもありますので、金利だけでなくあくまでもトータルでの総支払額を計算して、もっとも有利なところをチョイスするようにしてください。