サプリメントは食事代わりになるのか

サプリメントは薬事法上は食品に分類されていますが、食事代わりにすることは可能なのでしょうか。通販ショップやドラッグストアなどで販売されているサプリメントの数はかなり多くあります。サプリメントを利用すれば、食事から摂ることのできる栄養素だけでなく、誰でも簡単に食事から摂ることが難しい栄養素も摂取することができるようです。食事代わりにサプリメントを利用することは、これだけを聞くとできるように感じられるのではないでしょうか。

ですが、サプリメントとは栄養補助食品であり、あくまでも、食事では摂りきれない栄養素を補うために摂取するものです。基本的には、栄養素は食事でしっかりと摂ることが重要です。食事をきちんと摂ったその上で、足りない栄養素を補足し、理想に近い栄養バランスを保つために利用するのが、サプリメント本来の使い方なのです。万能薬ではないのが、サプリメントなのです。サプリメントを利用する場合には、普段の食事では足りない栄養成分を補うことを目的として利用するのがおすすめです。

サプリメントを食事代わりに摂り、その結果、栄養のバランスが取れていたとしても、睡眠や運動が不十分であったり、ストレスをためてしまったりしていては、せっかく摂った栄養素がうまく働いてくれません。大切なのは、あくまでも健康的な生活リズムを維持していくことであり、サプリメントを食事代わりにすることは決して良いことではないのです。サプリメントを食事代わりにすることはお勧めではありません。